<< 千麗十牛図 アメリカでの「鳥の歌」のこと >>

河合隼雄先生へ

ちょっと遡って「河合隼雄先生へ」公演(2008年7月19日20日)のこと。

どんな風に書いても何か憚られるような心持になりますが、ブログは気楽に・・・気楽に・・・と自分で励まして書いてみます。

これまでの公演と全く違うのは、これを作品化したいといふのではなく、これを創って舞って了わねば私は次へ進めない状態だったことです。

2006年8月17日に倒れられ、2007年7月19日に先生は逝かれました。折からその前年に逝かれた「鶴見和子先生へ」(2007年7月31日)を12日後にひかえていた時で、悲しみというふより胸に大きな空洞が出来て、そして重い塊がある、そんな心持でした。

e0183657_22134767.jpg「鶴見和子先生へ」公演のことも追々書きますが、この公演を終えて鬱々と日がたっていた時、レコード店十字屋のレジのカウンターでふと目に止まった京都新聞の記事コピー「天台声明とグレゴリオ聖歌・・・」試聴した瞬間に「これで河合先生への作品が出来る」と思い、舞台装置・衣裳、一景・二系・三景の構想がするすると浮かび、2008年7月19日の御命日に公演することを決意したのです。


e0183657_21153234.jpg
   多くの人がそうであるように
   私も自分が生きてきて存在している意味を知りたく思ふている時
   「明恵 夢を生きる」に出遭いました
   創作舞踊「阿留辺幾夜宇和」初演が1992年 そして1994年東京公演
   2003年スイス・チューリヒ、ドイツ・ダルムシュタット
   河合先生の希って下さったイタリア・アッシジ 
   聖フランチェスコ教会大聖堂での上演
   上演の度に作品の純度は高まり
   作品化して舞う行為によってその思想は私の無意識下のものとなり
   私自身のものとなっていくことを知りました
   このような形で
   このような仕事をさせて戴けることを幸せに思います
   そしてこの度の公演は 同じ思いの方々に
   見守って戴きたく願って居ります     (案内状)

e0183657_21444210.jpg
この公演では、古典曲 地唄「残月」と先述の創作「To Dr. Hayao Kawai」の2演目を舞い、私自身はもう暑さなど何も感じない状態だったのですが、河合先生を通じて御縁のあった門川市長と瀬戸内先生が終演後、河合先生の思い出などを対談して下さり、「それにしても暑いですねぇ・・・」に会場の皆さんが同意のほっとされた空気が、舞台裏にいた私にも伝わりました。あらためて、皆さん暑い中を山の中まで来て下さったことに気付いて、嬉しかったです。

私の思い願った通り、同じ思いの方々に見守られて公演を終えることが出来て幸せに思いました。

いづれ 上演作品 地唄「残月」 創作「To Dr. Hayao Kawai」について書きます。
e0183657_2118195.jpg

[PR]
by senrei-nishikawa | 2010-03-21 18:08
<< 千麗十牛図 アメリカでの「鳥の歌」のこと >>